細菌ウイルスイメージ

RNAウイルスの複製をブロック

~バイオ研究から~​

『亜鉛イオノフォア』作用による

RNAウイルスへの阻害作用

※当サイトの記載は生物学・バイオ分野の研究報告から得られる見解であり、

 医師による医学的・薬事的な見解ではない旨をご理解の上、ご覧ください。

亜鉛+亜鉛イオノフォア

※米国ゼレンコ医師のサイトから引用

ゼレンコ医師イラストJPEG.jpg

ひと言解説

引用:Vladimir Zelenko MD​ 翻訳:『理科の時間』

ゼレンコ医師

・細胞内の亜鉛がウイルスを阻害する➝「弾丸」

・亜鉛イオノフォアが亜鉛を細胞の中に入れる➝「銃」

※ゼレンコ医師:新型コロナ患者518人の観察研究を踏まえて

 新型コロナ入院前治療で数千人規模の成功事例をもつ米医師

​ 観察研究の論文(英文)はこちら➝『ScienceDirect』

弾 丸:細胞内亜鉛

 銃 :亜鉛イオノフォア

144668.png

当サイトではこのことについて

生物化学の視点から解説します。

Journal_of_Medical_Virology.jpg

亜鉛+亜鉛イオノフォアによる治験結果

入 院:84%減少

死亡率:80%減少

COVID-19患者

141名の投与群と377名の非投与群との比較

投与群:

硫化亜鉛220mg/day

+亜鉛イオノフォア(HCQ・AZ)を5日間投与

※亜鉛の成分換算:50-100mg/day

※HCQ(ヒドロキシクロロキン)と

 AZ(アジスロマイシン)は治療薬ではなく

​ 亜鉛イオノフォア成分として使用

2021年1月10日 追記

アメリカの学術誌『Journal of Medical Virology』は

亜鉛+亜鉛イオノフォア成分による治験結果を公表した。

​詳細はこのページ末尾で解説

144668.png
144668.png

 それではまず、

​ ウイルスについての簡単な解説。

144668.png

①ヒトの体内に侵入後

 ヒトの細胞に侵入

     ↓

②ヒトのリボソームを使って

 ウイルスRNAの鋳型であるRdRpを合成

​     ↓

鋳型RdRpによって

 ウイルスRNA複製・転写

​ (下図の①~④)

※RdRp:RNA依存性RNAポリメラーゼ

 RNAをもとにした鋳型でRNAを合成する酵素

​ いわば、ウイルスRNAの複製装置。

※HIVのようなレトロウイルスは

 逆転写酵素によって複製を行うため

 ウイルスRdRpは生成されない。

答え

新型コロナウイルス
(SARS-CoV-2)
インフルエンザウイルス
​SARSコロナウイルス
MERSコロナウイルス
​ ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
virus_image.jpg
virus_image_b.jpg
 そこで問題。
そもそもウイルスって
​ どうやって増殖するんだっけ?
※HIVのような逆転写酵素をもつ
​レトロウイルスは例外

144668.png
理科の先生

代表的なRNAウイルス

新型コロナ複製サイクル加筆.jpg

畏怖すべきは

体内にウイルス生産工場を

つくられること

 

ウイルスに感染した細胞内では

ひとつの細胞につき

 ウイルスが約1000倍に増殖する。

 そして、

約1000倍に増えたウイルス

​イラスト⑧のように

 体内に向かって大量に放出される。

1000倍...ヾ(。>д<)

RNAウイルス感染の仕組み

144668.png

​1​

カラダの中のヒト細胞内に

​ウイルスRNAの鋳型をつくられて

ウイルスのRNA複製が開始​

​➝RNAを転写してウイルスを複製

​(ひとつの細胞内で約1000倍の増殖)

2

ウイルスの鋳型(RdRp)

をもったヒト細胞が

ウイルスの生産工場となって

ウイルスの大量生産を開始

144668.png

RNAウイルスのこわい点は

人間のヒト細胞を利用して

RNAの複製・転写をすること

しかも

人間が生きていくうえで

呼吸をしたり

 ご飯を食べることは必要不可欠だよね?

 

ということは

目に見えないウイルス

「体内に入れない」ことは

 現実的には不可能かもしれない。

ウイルスの侵入(=感染)を

阻止できないのなら、

侵入したウイルスの​複製を阻止できないか?

Question

イラストの④をブロックできないか?

新型コロナウイルスの複製サイクル.jpg

理科の先生

144668.png

理科の先生

 その通りだね!

ウイルスが体内に入ったとしても

ウイルスのRNA複製・転写

​(イラストの④)

を阻害できれば

 ウイルスの増殖を防げる。

「ウイルスRdRpの阻害」

これこそが

世界中の研究者たちが

​ ずっと探求してきたテーマなんだ。

144668.png

答え

​​転写・複製の妨害は

 できる

イラスト④:RdRpによる

ウイルスRNAの転写・複製を

妨害する成分として

バイオ分野で確認された成分が

細胞内の

「亜 鉛」​

※細胞膜の外にある通常の亜鉛ではない

オランダ ライデン大学の研究チームが

素晴らしい発見をしてくれていたよ!

 ​ありがとうの大感謝です。

◇◆ 実験結果 ◆◇

細胞内の「亜鉛」には

ウイルスの複製を妨害する作用がある

​=ウイルスRdRpを阻害する作用がある

 ※ウイルスRdRpはヒト細胞内にあるため

これは 「細胞内亜鉛」作用であり

細胞外に偏在する亜鉛の作用ではない

ことに注意が必要

144668.png
細胞内亜鉛によるRNAウイルス(SARSコロナウイルス)の複製を妨害するレベル

​表:Inhibition of the in vitro RNA-synthesizing activity of isolated RTCs by Zn2+

© Copyright 2010 Public Library of Science (PLOS)

著 者:Aartjan J. W. te Velthuis, Sjoerd H. E. van den Worm,

Amy C. Sims, Ralph S. Baric, Eric J. Snijder, Martijn J. van Hemert

​引用元:https://doi.org/10.1371/journal.ppat.1001176

144668.png

この実験結果からわかること

細胞内の亜鉛量が多い

     の枠内では

 ウイルスの生成マークが激減している

という事実

(RTC=複製転写複合体)

RTCにおける 

亜鉛がウイルスRNAの複製

=RdRpを抑制する度合い

-+-+-+◆ 追加実験 ◆+-+-+-

 

「亜鉛」と「亜鉛以外の物質」の

ウイルスのRNA複製への

妨害レベルを比較した実験はコチラ

144668.png

科学実験の結果からみると

細胞内「亜鉛」には

​ウイルスRdRpを

妨害する特有の作用がある

じゃあ!

「亜鉛」を摂ればいいんだ!

 ​と思うのは当然なんだけど...

「亜鉛」は

単体では細胞膜を通過できず

 ​細胞の中に入ることができない。

・クロロキン*1

・ヒドロキシクロロキン*2

・イベルメクチン*3

 (仮説の段階*3を参照

・クリオキノール*4

クロロキン ➡

ヒドロキシクロロキン ➡

​イベルメクチン ➡

クリオキノール ➡

マラリアの治療薬

マラリア・エリテマトーデスの治療薬

線虫の経口駆虫薬

抗真菌化合薬品(飲用不可)

144668.png

結 論

cry.jpg

残念ながら

なにそれ...

144668.png

亜鉛イオノフォア作用

​医学的に認められている成分とは...

「亜鉛」が細胞内に入るためには

「亜鉛イオノフォア」という成分が必要

cry.jpg

ただし

クロロキンも

ヒドロキシクロロキンも

医薬品であるため

・医師の診断

・医師の処方箋

これらが必要で入手は困難

副作用も強く

​自己判断での使用はとても危険...

​!

クロロキン:失明、心停止

ヒドロキシクロロキン:失神、心停止、突然死

​イベルメクチン:吐き気、下痢、めまい

クリオキノール:飲用不可

 ▲副 作 用▲

でも、あきらめ切れないよ!

他の亜鉛イオノフォアはないの?

Question

 だって...

「亜鉛イオノフォア成分」がないと​

「亜鉛」を細胞内に届けられない!​

cry.jpg

答え

144668.png

​医薬品ではない

亜鉛イオノフォアがある!

スペイン

ルビーラ・イ・ビルジーリ大学

 ​バイオロジー研究所のチームが

 素晴らしい報告をしてくれていた!

筆者である Dr. Husam Dabbagh

Bazarbachi 氏より

  特別に許可を頂けたので論文を引用するよ

Special thanks to

Dr. Husam Dabbagh Bazarbachi

© Copyright 2015 Husam Dabbagh Bazarbachi

Reposted with permission from Dr. Husam Dabbagh Bazarbachi

出典:Dietary polyphenols display zinc ionophore activity

   and modulate zinc signaling in hepatocarcinoma cells

引用元: http://hdl.handle.net/10803/292248

ケルセチン:玉ネギやエンジュに含まれる成分

​EGCG:エピガロカテキンガレート

     緑茶に含まれるカテキン中の特定のカテキン

植物ポリフェノールによる亜鉛イオノフォア作用

ケルセチンとエピガロカテキンの亜鉛イオノフォア作用について

何が書いてあるかというと...

植物ポリフェノールである

ケルセチンと

エピガロカテキンガレート(EGCG)が

「亜鉛イオノフォア」作用をもつ

キタ━(゚∀゚)━!!!!!

よくもまあ

 こんな大発見を​してくれました!

​ 人類はこの博士に大感謝です。

144668.png

この実験写真は

「亜鉛」を緑の蛍光成分で着色して

 どの程度、細胞内に入るかを観察

 いちばん多く光っている画像

「亜鉛」クリオキノール

加えたもので

 多くの細胞に「亜鉛」が入っている。

​※クリオキノール:抗真菌化合物

144668.png

 ただし、

クリオキノールは飲用不適

「蛍光」で光っているのが「亜鉛」

蛍光色が多ければ多いほど

 細胞内に浸透している亜鉛が多いということだよ。

144668.png

もう少し詳しく

論文の内容を​みていくよ

144668.png

​細胞質プールにおける4時間経過後の観察

亜鉛イオノフォアによる亜鉛の細胞内への浸透観察_Husam Dabbagh

①   ②    ③   ④   

© Copyright 2015 Husam Dabbagh Bazarbachi

Reposted with permission from Dr. Husam Dabbagh Bazarbachi

出典:Dietary polyphenols display zinc ionophore activity

and modulate zinc signaling in hepatocarcinoma cells

引用元: http://hdl.handle.net/10803/292248

著者である Dr. Husam Dabbagh Bazarbachi 氏より

 ​特別に転載許可をいただいております。

蛍光色素を用いた亜鉛の細胞への浸透観察>

亜鉛50μM

EGCg100μM

基準値

ケルセチン100μM

亜鉛50μM

亜鉛50μM

亜鉛50μM

クリオキノール

100μM

亜鉛イオノフォアによる亜鉛の細胞内への浸透観察

基準値

亜鉛50μM

ケルセチン100μM

亜鉛50μM

EGCg100μM

亜鉛50μM

亜鉛50μM

クリオキノール

100μM

© Copyright 2015 Husam Dabbagh Bazarbachi

Reposted with permission from Dr. Husam Dabbagh Bazarbachi

出典:Dietary polyphenols display zinc ionophore activityand modulate zinc signaling in hepatocarcinoma cells

引用元: http://hdl.handle.net/10803/292248

著者である Dr. Husam Dabbagh Bazarbachi 氏よ​り転載許可をいただいております。

144668.png

 具体的な数値をグラフであらわしたのがコチラ 

人工細胞膜における亜鉛の透過性_Husam Dabbagh

開始から90分経過時点の

​蛍光発色度は...

144668.png

クリオキノールを100%

とすると

​EGCG:約75%

ケルセチン:約50%

​追加成分なし:約5%

※クリオキノールは抗真菌化合薬品(飲用不適)

​ 対照実験のために使用。

この実験結果から言えること

ほとんどの細胞内に亜鉛が入っていた

クリオキノール(蛍光実験の画像⑤)を

100%とすると

​EGCG:75% 程度

ケルセチン:50% 程度

亜鉛の細胞膜透過を可能にする

  亜鉛イオノフォア作用がある

144668.png

 さらに 

出典:Identification of Dietary Molecules as Therapeutic Agents to Combat COVID-19 Using Molecular Docking Studies / Era' Lucknow medical College, Era University

https://doi.org/10.21203/rs.3.rs-19560/v1

最新のコンピューター

シュミレーション研究によって

新型コロナウイルスがもつ

7つのタンパク質(上記①~⑦)への

分子結合エネルギーの数値が明らかになった。

 

シュミレーションでは、

18種の植物ポリフェノール成分

(エピガロカテキンガレートEGCG、

クルクミン、ケルセチンなど)に加えて

医薬品2種(レムデシビル、クロロキン)の

合計20種を比較。

7つ全てのタンパク質に対して

茶カテキンEGCGによる

結合親和性(=活動阻害性)が最も高く

​新型コロナウイルスへの活動阻害が期待される。

​出典:Era University

例:

⑤スパイク蛋白質キメラRBDにおいては、

EGCG-8.66、クルクミン-7.13、

ケルセチン-6.59などで、

医薬品であるレムデシビルの数値

-5.27を上回っていた。

※レムデシビルはコロナウイルスRdRpが標的

ただし、論文によると

この分子結合をヒトの体内で実現するために

推奨される摂取量はEGCG 800mg/day

(4.5h毎の1日3~4回に小分けを推奨)

一般的なペットボトル緑茶に換算すると

約13.6L相当*5

急須のお茶なら、

煎茶葉80gを2.5L(80度抽出)相当

となり、かなり大量の摂取が必要とされるため

サプリメントによる栄養補助が推奨されている。

また、特に医療従事者への摂取も推奨されている。

EGCG(エピガロカテキンガレート)には

①亜鉛を細胞内へ運ぶ「亜鉛イオノフォア」作用

②新型コロナウイルス Sタンパク質への結合

によって

ウイルス活動の阻害化・無害化が期待される

144668.png
Tropical Leaves
新型コロナ_ウイルス_スパイクたんぱく質への分子結合イメージ.jpg

 新事実 

EGCGの

スパイク結合

最新の研究によると

新型コロナウイルスがもつ

7つのタンパク質に対して

EGCgが高度の分子結合性を

有していることが判明。

分子結合することで

コロナウイルスの活動阻害と

​無害化が期待されている。

バイオ実験の結果から言えること

144668.png

「細胞内の亜鉛」

​ RNAウイルスのRdRpを阻害

 ➝ウイルスのRNA複製を妨害

「亜鉛」

​ 単体では細胞膜透過できず

 細胞内に入ることができない

「亜鉛」

 細胞内に入るためには

「亜鉛イオノフォア」成分が必要
 

「亜鉛」

「亜鉛イオノフォア」成分

同時に補給すれば

RNAウイルスの複製を

妨害できる可能性がある

「亜鉛イオノフォア」とは

医 薬 品 

・クロロキン

​・シドロキシクロロキン

​・イベルメクチン

​・クリオキノール(飲用不可)

ポリフェノール

・EGCG

​(エピガロカテキンガレート)

​・ケルセチン

などに代表される

「亜鉛」の細胞膜透過を​可能にする成分

144668.png
144668.png

さいごの

結 論

144668.png

亜 鉛

<医療薬の亜鉛イオノフォア>

 ■クロロキン

​ ■ヒドロキシクロロキン

​ ■イベルメクチン

もしくは

ポリフェ

ノール 

<植物由来の亜鉛イオノフォア>

 

 ■ケルセチン

​ ■EGCG

  (エピガロカテキンガレート)

   亜  鉛   

 イオノフォア 

2021年1月10日 追記

アメリカの学術誌『Journal of Medical Virology』は

亜鉛+亜鉛イオノフォア成分による治験結果を公表した。

Journal_of_Medical_Virology.jpg

亜鉛+亜鉛イオノフォアによる治験結果

入 院:84%減少

死亡率:80%減少

COVID-19患者

141名の投与群と377名の非投与群との比較

投与群:

硫化亜鉛220mg/day

+亜鉛イオノフォア(HCQ・AZ)を5日間投与

※亜鉛の成分換算:50-100mg/day

※HCQ(ヒドロキシクロロキン)と

 AZ(アジスロマイシン)は治療薬ではなく

​ 亜鉛イオノフォア成分として使用

細胞内亜鉛の新型コロナウイルス無害化.jpg

論文によると

亜鉛イオノフオア投与による死亡率80%減少の原因

Ⓐ 亜鉛を細胞内へ運ぶ

Ⓑ 細胞外の亜鉛が新型コロナS蛋白質のFurin開裂を抑制

Ⓒ 細胞外の亜鉛がウイルスのスパイク蛋白質と

  ヒト細胞ACE2との結合を変異

Ⓓ 細胞内の亜鉛がウイルスRdRpとPLP2を直接阻害

以上の4つの作用が挙げられている。

<補足>

ⒷFurin開裂とはウイルスの細胞侵入に必要な工程で

新型コロナウイルスの感染力を特異的に高めている

ひとつの原因ともみなされている

Ⓒウイルスがヒト細胞に侵入する際の例え話で

ACE2受容体はヒト細胞側のドアのドアノブ、

スパイク蛋白質はドアノブに挿し込む鍵に例えられる

ⒹのRdRp:RNA依存性RNAポリメラーゼは

ウイルスがRNAを複製する際の鋳型となるもので

ウイルスの複製・増殖には不可欠なウイルス酵素

この治験によって

亜鉛+亜鉛イオノフォアによる

大くくりの「RNAウイルス」に対する阻害作用が

期待されるだけではなく

ずばり!

「新型コロナウイルス」への

阻害作用も確認されたこととなる

144668.png

亜鉛イオノフォア作用で

細胞内へと運ばれた亜鉛は

新型コロナウイルスを阻害しうる

※100%完全に阻害するという意味ではありません

治験実験ではヒドロキシクロロキンなどの医薬品を

亜鉛イオノフォアとして使用しているが、

 発表された論文には以下のように論じられている。

“他の亜鉛イオノフォアとしては

 栄養食品として利用可能な成分が存在する。

例としては、

バイオフラボノイドであるケルセチンと

エピガロカテキンガレート(EGCG)であり

 亜鉛イオノフォアであることが確認されている”

​-『Journal of Medical Virology』-

144668.png

#理科の先生 最後のつぶやき

亜鉛イオノフォアのはたらき

日常的に細胞内亜鉛を高めておけば

ウイルスに体内侵入されても

複製・増殖の阻害を期待できます。

感染してしまったあと

発病するのか?重症化するのか?

「ウイルスに抗しうる成分」を

体内に満たしているかどうかで

大きく左右されると考えられます。

※持病等も大きな要素となります。

医薬品の亜鉛イオノフォアだと

病院での処方や副作用などから

毎日の継続摂取は困難かもしれない。

そうなると、

もうひとつの選択肢である

ポリフェノールへの期待が高まります。

亜鉛イオノフォア成分となる

EGCG(エピガロカテキンガレート)と

ケルセチンは植物の成分です。

基本となる亜鉛を含めて

食事からの摂取が可能ですが、

​確実に摂り続けるならば

サプリメントとの併用が推奨されます。

EGCGの最適抽出温度は

80℃以上とされますが、

82℃以上で構造変化するため

80~81℃で淹れる必要があったり

緑茶のみでの補給となると

かなりの量が必要であったりと

栄養サプリメントとの併用が

より効率的といえるでしょう。

細胞内での亜鉛作用に加えて

EGCGには単独でも

細胞外ウイルスへの阻害作用を

期待できます。

※上述 Era Universityの研究から

ただ、EGCGは苦み成分のため

胃弱や胃もたれが心配な方は

耐酸性カプセル仕様のものが

続けやすいかもしれません。

-+-+-+-+-+-+--+-+-+-

毎日、困難な日々が続きますが

地球の歴史を振り返っても

パンデミックは必ず終わります。

必要な栄養素を賢く活用して

健やかに乗り越えられますよう

​『理科の時間』は願っております。

​どうか、お元気で!(^^)

144668.png

*5吉川 秀樹, 橋口 美智留著

 京都光華女子大学短期大学部研究紀要

 『ペットボトル緑茶のカテキン、

 カフェイン、テアニン含量』から計算。

※亜鉛+医薬品又は亜鉛+ポリフェノールは

 ウイルス感染症の治療薬ではなく

 バイオ実験の結果から期待される

 ウイルス複製への対抗手段のひとつです。

※これらの内容はバイオ研究分野における

 科学実験の結果から得られる見解であり

 ヒトにおける薬事的な臨床試験を経た

​ 医学的・薬学的な見解ではありません。