茶カテキンによるウイルス無害化

茶カテキンEGCG

新型コロナウイルスへの分子結合

によるウイルス無害化​

最新のコンピューターサイエンス

分子モデルシュミレーションから

※当サイトの記載は生物学・バイオ分野の研究報告から得られる見解であり、

 医師による医学的・薬事的な見解ではない旨をご理解の上、ご覧ください。

 新型コロナウイルスの主なタンパク質 

​イラストA

新型コロナ_ウイルスたんぱく質への分子結合イメージ.jpg

出典:Identification of Dietary Molecules as Therapeutic Agents to Combat COVID-19 Using Molecular Docking Studies / Era' Lucknow medical College, Era University

https://doi.org/10.21203/rs.3.rs-19560/v1

新型コロナウイルス

主なタンパク質(上記①~⑦)

に対する分子結合の度合いを計測

​◆ 補 足 ◆

分子結合エネルギーが低い

分子結合の親和性が高い

​ウイルス活動の阻害性が高い

144668.png

新型コロナウイルスの主要蛋白質

①メインプロテアーゼ(6lu7)

②スパイク HR2ドメイン(6lvn)

③スパイクサブユニットS2(6lxt)

④シングル受容体結合ドメイン(6vsb)

⑤キメラ受容体結合ドメイン(6vwl)

⑥エンドリボヌクレアーゼNSP15(6vww)

​⑦メインプロテアーゼの 遊離酵素  (6y2e)

​※( )内はPDBの分子モデルID

植物ポリフェノール成分18種

医薬品2種の合計20成分による

新型コロナウイルス主要タンパク質7種への

​分子結合の度合い(分子シュミレーション)

※ウイルス蛋白質の分子モデルは

世界基準データバンク Protein Data Bank(PDB)モデルを使用

Table3

※表中記載の①~⑦(ウイルス蛋白質)については上記イラストAを参照

新型コロナウイルス蛋白質への分子結合エネルギー成分別一覧.jpg

出典:Identification of Dietary Molecules as Therapeutic Agents to Combat COVID-19 Using Molecular Docking Studies / Era' Lucknow medical College, Era University

https://doi.org/10.21203/rs.3.rs-19560/v1

144668.png

 実験結果 

上記Table3のように

18種(1~18)の

植物ポリフェノール成分

2種の医薬品(19・20)の

計20成分における

新型コロナの

ウイルス蛋白質(①~⑦)に対する

分子結合エネルギーを測定

7つのタンパク質すべてに対して

EGCGの結合親和性(=活動阻害性)が最も高く、

​新型コロナウイルスの活動阻害力が期待される。

 

例:⑤スパイク蛋白質キメラRBDとの親和性

EGCG:-8.66、クルクミン:-7.13、

ケルセチン:-6.59などで

コロナウイルスのRdRpを標的とする

レムデシビルの-5.27よりも高い結合親和性

7つのウイルス蛋白質すべてに対して

最も高い結合親和性を示したことには

 ​正直、驚きをかくせない。

144668.png

7つ全てのウイルス蛋白質において

EGCG(エピガロカテキンガレート)

20検体のうち最も高い結合親和性を有する

EGCGには

亜鉛を細胞内へ運ぶ

​『亜鉛イオノフォア』作用に加えて

ウイルス蛋白質との分子結合

​新型コロナウイルスを無害化する

はたらきが期待される

結 論

緑茶葉(煎茶)

ただし、論文によると

この分子結合をヒトの体内で実現するための

推奨摂取量はEGCG 800mg/day

(4.5h毎の1日3~4回に小分け)

一般的なペットボトル緑茶に換算すると約13.6L相当*1

急須のお茶なら、煎茶葉80gを2.5L(80℃抽出)相当

 となり、

かなりの量を摂取することが必要とされる。

論文では

飲料や食事のみで

この量を摂取することは難しいため

サプリメントの併用を推奨としている。

 ※緑茶粉末はカフェインも含むため

​摂り過ぎには注意が必要

また、感染患者に加えて

 特に医療従事者への日常摂取も推奨されている。

 

*1吉川 秀樹, 橋口 美智留著

 京都光華女子大学短期大学部研究紀要

 『ペットボトル緑茶のカテキン、

 カフェイン、テアニン含量』から計算

NEWS

お茶による新型コロナ無害化_奈良県立医大_産経新聞.jpg

 お茶で新型コロナ無害化 

奈良県立医科大学は27日、

新型コロナウイルスが市販のお茶によって

無害化する効果を確認したと発表した。

 

基礎研究段階で人での効果は未確認だが、

試験管内でウイルスが1分間お茶に触れると

最大99%が感染力を失っており、

感染対策の一つとして期待。

2020年11月27日付

​産経新聞「SankeiBiz」https://www.sankeibiz.jp/econome/news/201127/ecb2011272151008-n1.htm

奈良県立医科大学の発表は

「新型コロナウイルスとお茶」の実験であり

緑茶の主要カテキンである

エピガロカテキンガレート(EGCG)など

 特定の成分への言及はありません。

ただし

エピガロカテキンガレート

緑茶特有の成分であることを考慮すると

当ページにて解説の

Era Medical Collegeによる

シュミレーション結果

 EGCGが新型コロナウイルスに対して 

   極めて高い結合親和性をもつ   

ことが試験管においても

 ひとつの側面として観察されたと言ってよい。

※一番効果が高かったとされる紅茶も

特有成分テアフラビンが

エピガロカテキンガレート基をもっている

※Era Medical Collageの学説では

EGCGによる分子結合を

ヒト体内で十分に発揮するためには

800mg/dayの摂取が推奨されており

ペットボトル緑茶に換算すると約13.6L相当*1

急須のお茶:煎茶葉80gを2.5L(80℃抽出)相当

「お茶」だけで摂取するとなると

 かなりの量が必要とされます。

※緑茶粉末はカフェインも含むため

​摂り過ぎには注意が必要

栄養補助サプリメントイメージ

『亜鉛イオノフォア』作用

 その結論については本文へ

144668.png

『理科の時間』の本文ページ​

https://www.marinne.net